電話連絡なし カードローン

電話確認なしのカードローンならココ!

多少条件はあるものの、モビットは大手貸金業者の中で数少ない、在籍確認なしのカードローン業者です。

モビットは電話確認なしで借りられる


条件とは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っていることです。今持っていなくても、個人の普通預金口座なら、印鑑と身分証明書を持って店舗に行けばその場で口座開設できるので、よほど遠方にしか店舗がないという方以外はどなたでも、電話確認なしでキャッシングすることができます。
一定の収入があれば、派遣社員の方、パートで働いている主婦の方でも利用することができます。

借り入れのお得意様?派遣社員の給料の相場って?

審査が一番早い消費者金融はどこ? 年々、派遣社員として働く人が増えています。
派遣社員は正社員と異なり、ほとんどの場合で期間雇用契約を結んでいます。一定期間働けば、その会社との契約は終わるということです。

それはつまり、「その期間だけ働けばいいので、休みの量などを自由に調整できる」というメリットがあります。その反面、「どんなに良い環境の職場でも、ずっと働き続けることはできない」「正社員よりも解雇されやすい」といったデメリットもあります。

多くの方が「休みが調整できる」というメリットに魅力を感じて派遣社員という手段を選んでいるようですが、中には「正社員になれないから仕方なく派遣社員をやっている」という人もいる状態です。

そんな派遣社員のお給料は、決して高くはありません。
派遣社員として働く方の8割が年収200万円程度なんだそうです。
もちろん高給を取っている人もいますが、年収400万円を超える人は1割程度ということで、一握りの方ということになります。
女性の派遣社員に至っては、年収400万円を超えている人は0だと言われています。

年収200万円の方々のほとんどは、事務職、サービス業、介護系、もしくは飲食系などで勤務しているようです。

これらの業種は求人量が多く、知識がなくとも誰でもできる仕事である代わりに給料が安いのです。
年収400万円を超えるような業種は、外資系やプログラマー、デザイナー系などの「専門知識が必要になる業種」となります。
外資系の場合は英語力、プログラマーはプログラム言語の知識、デザイナーの場合はデザインセンスが必要になります。派遣社員の場合、これらの知識があれば資格という形がなくても採用されるケースはあるようです。
特に一度でもその系統の職に就くと、職歴となって次回からの採用率がUPします。派遣社員を続けて最終的には正社員採用ということもままあることです。


上に挙げた例以外でもさまざまな専門職で派遣社員が活躍していますので、自分の得意分野の知識が活かせる業種を探してみるのもいいかもしれませんね。


在籍確認不要でお金を借りられる業者は今後も増えると予測

キャッシングを利用するときには在籍確認が必ず必要だと思う方も多いと思われますが、実は在籍確認不要なキャッシングサービスもあるのです。つまり、ローン会社からの電話がなし。
本来であれば、契約希望者が会社に勤務しているのかどうかを確認するために、キャッシング会社のスタッフの方が電話をかけることなのです。

これで無職ではなく会社勤めであることを証明されます。
たいてい最近では、会社の名前は言わず個人名で確認をしてくれるものの、勘のいい人がたまたまそのときの電話を取ってしまった場合ばれてしまうのではと心配になる方も多いはずです。
在籍確認不要なキャッシング会社からお金を借りれば会社にはキャッシングを利用していることが職場にはほぼバレません。なので、派遣元に電話が入って、借入がばれたくないという派遣社員の方などにもぴったりですね。
ただし気をつけなければいけないのは、借り入れ額によっては在籍確認不要になったり、必要になったりするということです。
傾向としては、借り入れ希望額が少ない場合には不要になることが多いですので、複数の会社から少しずつ借りるというのも方法です。そうすることによって在籍確認避けることができます。
(審査が通るかどうかは別の話ですが)
また在籍しているかどうかの連絡の有無については契約をするときにスタッフによって必ず説明があります
何も説明なしに電話をかけてくるということはありません。
当サイトではなるべく消費者金融からの連絡を極力避けられるという会社を紹介しています。